PAGE TOP

お電話での
お問い合わせ
LINEでの
お問い合わせ
メールでの
お問い合わせ

LIAISON BLOG

メールばかりに頼っていませんか?

メールは現代社会において、欠くことのできない大切なコミュニケーションツールですが、効率化を優先させるあまり、いつもどんな時もメールばかりに頼ってはいないでしょうか。

ニュアンスや声色、表情が伝わらない「活字(キカイ文字)がすべて」のメールの場合、送り手の思いを受け手がそのまま受け取ってくれるとは限りません。
それゆえに、メールは使うべき時を誤ると、信頼を失うことにもなりかねません。

私もメールを送った後から「この言い回しは相手に誤解されたんじゃないだろうか。こっちの表現にすれば良かった…」などと思ったことがあります。
だから、微妙なニュアンスや、受け取り方によっては誤解を招きそうな場合や込み入った話、「ちょっと聞き辛いな」と思うような話、そして、もちろんお詫びを伝える時などは、メールではなく対面か電話にすべきと実践しています。
因みに、メールで送るのは基本的にニュアンスを含まないような、日々の事務的な確認やお礼を伝える場合としています。

様々な業界でIT化が加速し、メールやSNSでのコミュニケーションが今後はさらに増えていきそうですが、こういう時代だからこそ対面や電話で伝えることの大切さを知り、そして、「今、この状況はメールか、電話か、対面か」をしっかり考え判断し、上手に使い分けることが大切なのではないでしょうか。
活字では上手く伝えられなかったことも、対面なら表情や態度が言葉の足らない部分を補ってくれるようにも思います。

社会に出ると人前でのスピーチ、取引先との商談やプレゼン、会議や報告など、私たちは様々な「話す」シーンに遭遇しますが、「ここぞ」というときの大切な場面で自分の思いをきちんと伝えるためにも、日頃からメールやSNSばかりに頼るのではなく、自分の思いや考えは言葉にして、声に出して伝えて欲しいと思うのです。
「ラクだから」「会って話すのは億劫だから」などの理由で、メールに頼っているとしたら、勇気を出して一歩を踏み出してみませんか。
メールばかりだと、表情の豊かさや表現力も養われなくなるので、「対面での会話や人前で話すのが苦手」という人ほど、ぜひ意識して欲しいと思います。

 

何も考えずにメールばかりに頼っていては、信頼関係は深まりません。
ITの時代だからこそ、大切なコミュニケーションは対面を基本とし、メールと電話と対面を上手に使い分け、信頼関係を築いていけたら良いですね。

 

<ノウハウ>

会社概要

株式会社リエゾン
福岡県北九州市八幡西区上の原3丁目9番地27-206号
TEL   093(611)1288
FAX   093(611)1280