PAGE TOP

お電話での
お問い合わせ
LINEでの
お問い合わせ
メールでの
お問い合わせ

LIAISON BLOG

八幡南高校キャリア教育「志授業」に講師として参加しました

先日、母校である八幡南高校で行われた「志授業」に講師として参加させていただきました。
この日「南」に集った講師は私を含め15人。全員「南」のOB・OGで、元刑務官や教員、保健師、大学准教授、エンジニアなど様々な職業の方たちがいらっしゃいました。

私は卒業してすぐにこの仕事に就いたわけではなく、約10年間金融機関に勤務した後、司会や講師の仕事に転身しましたが、正直、卒業する時は、将来自分が人に何かを教えたり、伝えたりする仕事に就いていようとは想像もしていなかったし、そもそも、そういう職業(仕事)があることすら知りませんでした。

はじめに、「結婚式に出席したことがある人いますか?」と尋ねると、手を挙げたのは35人中5人程度。恐らく多くの生徒は「へえー、こういう仕事もあるんだ‥」と、そんな感じだったかも知れませんが、私は金融機関を辞めてこの仕事に就いたきっかけや仕事への思い、やり甲斐やこの仕事ならではの喜びなどを話してきました。
まだ社会経験のない生徒に、仕事の内容を、しかも分かりやすく興味を持ってもらえるように伝えるのは、本当に難しいなとつくづく思います。それでも、真剣な眼差しで聴き、何名かの生徒は「今までで、一番緊張したのはいつですか?」や、「どうしてコミュニケーションは大切なんですか」など、鋭い質問もしてくれて、私の方こそとても貴重な経験をさせてもらいました。
因みに、「緊張」の質問には「“今” かも‥」と答えました(笑)。

声に出して伝えることのたいせつさを

そして、実はもうひとつ、私には後輩の皆さんにどうしても伝えたいことがあって、それは「もっと、自分の思いを声に出して伝えて欲しい」ということ。
SNSやオンラインでのコミュニケーションはコロナ禍でさらに加速し、声に出して言う・話す機会はますます少なくなっています。もちろん、それらは現代社会において欠くことのできないツールではあるけれど、何でもかんでもメールやラインで済ませている人、私は少なくないように感じています。

言うまでもなく、大人になり社会に出ると、学生時代の何倍も多くの人と関わっていくことになります。そして、そのほとんどが初対面や年上の人です。そうした時、相手に合わせたきちんとした言葉遣いで喋れなかったり、挨拶もろくにできない人に、大事な仕事をまかせたい、一緒に仕事をしたいと思ってもらえるでしょうか。
きちんと話せるということは、それだけで信頼につながるのです。声に出して伝えないと表情も乏しくなり、表現力も養われません。最も問題なのは、大切な場面で、自分の思いをきちんと伝えられなくなることです。
後輩のみんなも近い将来、受験や就職試験の面接で「話す」場面に直面するでしょう。そういう時にも慌てず自信を持って自分の思いを話せるように、SNSばかりに頼らずもっと日頃から声に出して伝えて欲しいと思っています。

目の前のことを一生懸命やっていれば、道は必ず拓ける

今は私たちの頃と比べ、職業の選択肢も格段に増え、働き方のスタイルも様々です。だからこそ、たくさん悩んだり迷ったりすると思うけれど、今、目の前にあることを、直向きに、一生懸命やっていれば必ず道は拓けると信じます。
私自身、ここにくるまでには自分だけの力ではなく、多くの人たちの支えや教え、励ましがありましたが、壁にぶつかった時やつらい時、私も私をそう鼓舞しながら、なんとかここまでやってこれたかなと思います。
次代を担う、夢多き八幡南高校の皆さん、頑張ってください! 皆さんが思い描く素晴らしい人生になりますように。応援しています!

>>  「電話応対・接遇研修はこちら」
>>  「ビジネスマナー研修・新入社員研修はこちら」
>>  「ブライダル司会」はこちら

<お仕事レポート、ビジネスマナー研修、電話応対研修・接遇研修>

会社概要

株式会社リエゾン
福岡県北九州市八幡西区上の原3丁目9番地27-206号
TEL   093(611)1288
FAX   093(611)1280