PAGE TOP

お電話での
お問い合わせ
LINEでの
お問い合わせ
メールでの
お問い合わせ

LIAISON BLOG

話し方教室「人前でのスピーチのコツ」その①

「どうしたら緊張せずに喋れますか?」という質問をよくいただきます。
でも正直、プロだからと言って、私自身全く緊張しないわけではありません。本当に。

ですが、皆さんも出来るだけその場にリラックスして臨み、練習の成果や持っている力を十二分に発揮できたら良いですよね。
「私にも出来た!!」という達成感と喜びは、カタチは無いけれど大きな大きな財産です。自分の話し方に少しでも
自信が持てたなら、大袈裟かもしれませんが世界が変わるようにも思うのです。

実は元々、私自身人前でおしゃべりするのが苦手で、出来たら人生避けて通りたいと思っていました。
転機は銀行OL時代、定期的に当番が回ってくる朝礼の司会と3分間スピーチでしたが、何とか苦手を克服したいと思ったのが始まりだったように思います。
その辺の詳細はまたの機会にお話しするとして、ぜひ、皆さんにも苦手意識を克服し、あの達成感を味わってもらいたいと思い、これから4回(の予定)に渡り人前でスピーチするときのコツやテクニックをアップしていくことにしました。
ぜひ参考になさってくださいね。

聞き手をしっかり見ること、そして、大きな声で話す

まず、最初のポイントは、「聞いている人をしっかり見て喋る」ということと、「お腹から声を出して大きな声で喋る」ということ。
えっ?!と、意外に思った方がいるかもしれませんが、これは本当に有効です!

不安な気持ちがあったり、自信がないと相手を見て喋ることができずに、声も小さくなりがちですが、
「聞いている人を見る」「大きな声で喋る」ことで、不思議なことに自然と気持ちが落ち着いてくるんです。
これは本当に効果絶大なので、騙されたと思ってぜひ一度試してみてください。

その時のポイントは‥

①マイクの前、若しくは話す位置に立ったら、すぐに喋りはじめるのではなく、一呼吸置きましょう。

これは、聞き手を引きつけるためと、自分自身の呼吸を整えるためです。

②そして次に、聞き手をしっかり見ます。

人数にもよりますが、大勢いる場合は遠くから手前に会場全体を見渡します。10人くらいならひとりひとりと
目を合わせましょう。

③そしていよいよ、「今から私は、この人たちの前で話をするんだ」と、覚悟を決めて、ゆっくりと大きな声で喋りはじめます。

そのあとも、一言一言を大切に、早口にならないよう気をつけましょう。
話の途中でも、区切りのところで間をとり、聞いている人を見ます。

きっとこれまでと違う感覚で、話を進めることができるはずです。
ぜひ、トライしてみてくださいね。

 

>>人前でのスピーチのコツ その2 はこちら

<ノウハウ>

会社概要

株式会社リエゾン
福岡県北九州市八幡西区上の原3丁目9番地27-206号
TEL   093(611)1288
FAX   093(611)1280